結果を焦ってしまうと勿体ない

婚活出会い

 

出会い系初心者に多いのは、「すぐに結果を求めてしまう」という点です。ネット婚活を目的として出会い系サイトを利用するにしても、「出会い系サイトであること」をしっかりと自覚しながら利用することが大切です。

 

男性の場合は初心者であっても女性の扱いに慣れていることもあるでしょうが、女性の場合は「安易な対応は危険を招く可能性がある」ということをしっかりと自覚することが大切です。

 

初心者は特に「すぐに答えが欲しい、結果が欲しい」と思ってしまいがちで、出会い系サイトの利便性だけを意識してしまうことが多くなります。確かに本来の出会い系サイトのメリットは「手軽さとスピード感」だったことは間違いありませんが、あくまでも目的が違っているということをしっかりと意識しましょう。

相手のことを不用意に信用しないこと

これは出会い系初心者に限ったことではありませんが、「すぐに相手のことを信用してしまう」というのはネット上での関係では非常にリスキーな考え方です。もちろん信用に足る人物はたくさんいますし、早い段階で信用できたからこそ婚活が成功するということも十分にあり得ます。

 

しかし、正の部分だけをみて行動するのは賢明とは言えない為、必ず負の部分についてリスクヘッジをしながら利用していくようにしましょう。「顔が見えない関係」だからこそ、本来の自分を偽っている利用者というものも間違いなく存在していて、中には非常に悪意のある目的で出会い系サイトを利用している可能性もあります。

 

そういった状況は事件や事故の発端となってしまう可能性が非常に高く、最悪の場合は人命にかかわる問題に発展する可能性もあるということをしっかりと自覚して行動するようにしましょう。

すぐに連絡先を教えないこと

出会い系サイト初心者の中には、「仲良くなった相手にすぐ連絡先を教えてしまう人」が少なからずいます。結局のところ、連絡先を教えることで進展が加速するのではないかと言った希望を持ってしまうことが原因にあるのですが、その行為自体は非常にリスキーな行為であるということを自覚する必要があります。

 

とは言え、すぐに連絡先を教えることが全て悪いということではありません。教えるにしてもリスクの少ない方法であればそれほど問題にならないことも多くあります。例えば、「捨てアド」と呼ばれるものを使って連絡先を交換する場合であれば、そのアドレスが公開されてしまってもすぐに対処することも出来ます。

 

問題は「本物の電話番号やメールアドレスを教えてしまった場合」です。特に電話番号は個人を特定する非常に強い情報となってしまうだけでなく、比較的変更が容易ではないものなので慎重に扱うようにしましょう。